小鼻に行われる鼻整形

顔の中でも小鼻というのは小さい範囲ですが、この部分に鼻整形を受ける事によって、かなりイメージが変わる人もいます。鼻の幅が広いという事で悩んでいる人の中には、小鼻の部分に鼻整形を行う事によって、理想としている鼻になれる事もあります。

また、小鼻に鼻整形を行う事に対しては不安な人もいると思いますが、手術は鼻の穴から行いますので、術後の後も腫れなどが残る事が予想されますが、傷が直接見えるという事は考えにくいでしょう。

鼻整形を受けたいけれど、どの様な手術を受けたいかまだ決まっていないという人がいれば、小鼻に手術を行う事について考えてみるのはどうでしょうか。鼻整形はきっとあなたを素敵に見せてくれるでしょう。

軟骨を用いた鼻整形

高さを出す鼻整形においては、何を用いるかという事が重要になりますが、軟骨が使用される事もあります。鼻整形においては、自分の耳の軟骨を移植する手術が行われる事もありますが、人工軟骨が利用される事もあります。

自分の軟骨を用いる場合には、元々体内にある物を使って鼻整形を行いますので、安全性は高く、あまり不安を感じる事もないでしょう。また、他にも鼻整形においては、プロテーゼやシリコンなどが用いられる事もあります。

ヒアルロン酸を用いた場合には、後に体内に吸収され、効果は薄れますが、シリコンなどの場合には、ずっとその場所に留まる事になります。鼻整形では何を用いるのかという事も考えないといけません。

症例写真を参考にする鼻整形

自分と似ている悩みを抱えている人が鼻整形を受けて美しく変身できた症例写真を見ると、かなり参考になる事もあります。鼻整形の細かい希望まで医師に話をして分かってもらう事は簡単ではありません。

そのため、鼻整形のカウンセリングでは症例写真を見ながら話をする事で、誤解する事なく、言いたい事が伝わる事もあります。鼻整形の症例写真は、ただこの様になる事ができるというための参考として使うばかりではありません。

鼻整形に関してコミュニケーションを取る時に活用する事もできます。誤解がない様にするという事は何より大事です。他の人の例を見ながら、自分自身も満足できる手術を目指しましょう。

ダウンタイムが発生する鼻整形

短時間の間に行われる簡単な鼻整形であったとしても、その後の期間はやはりダウンタイムに突入してしまうという事が予想されます。鼻整形のダウンタイムについては、体を動かうという事に直接関係ない事もありますが、普段とは違う状態が続く事になります。

鼻整形を受けた患部が安定した状態になるまで、少し我慢しないといけない事が発生する可能性もあります。鼻整形におけるダウンタイム中の注意点については、医師に確認してみましょう。

鼻整形を受ける事で、生活に大きな支障が出ると考えられる場合には、手術を受ける時期を延期するなどして、支障なく施術が受けられる様に配慮が必要です。自分で管理しましょう。

抜糸の必要がない鼻整形

切開を必要とする鼻整形を受けた場合には、どうしても抜糸のために通院しないといけないので、結果として通院回数が増えてしまう事もあります。鼻整形の後の状態を医師に診察してもらえるという点においては安心ですが、はるばる美容外科を訪れている人にとっては、一度の通院も楽ではない事もあります。

鼻整形を受けるのであれば、通院の必要性について確認しておくといいでしょう。基本的に通院を必要としない鼻整形であれば、一度ですすべての施術が完了する事になります。何度も通院できない人こそ、通院しやすい美容外科で鼻整形を受けるなどするといいでしょう。異常があった際には、通院が発生する事もあります。

隆鼻術(鼻整形)について

  • ネット検索で10位以内に表示。格安で確度の高いサービスです。地域限定キーワードから難しいキーワードまで。
  • マイクロスコープなどの株式会社セルミック高機能で、高パフォーマンスのマイクロスコープ。