二重整形の施術にチャレンジする

人によっては生まれつき一重まぶたで、重たい印象になってしまっているような人もいることでしょう。そのような人においては、美容整形でおこなっている二重整形の施術が有効な手段でしょう。二重整形においては、多くの美容外科や専門のクリニックでおこなわれていて、それぞれの施術があるような形になっています。この施術に関しては、切開法や埋没法がありますので、どの方法が自分にあっているプロフェッショナルの先生に聞くことが一番でしょう。施術の方法については、それぞれのメリットやデメリットをあげることができますので、担当医とカウンセリングをすることで解決をするようにしましょう。

美容整形における二重の方法について

美容整形と一言でいうと、敷居が高く一般の方は利用するのはためらうことがあると思います。プチ整形というジャンルがあり、美容整形の一種ですが、こちらはメスを使わない方法で、二重手術などをするので、早く終わりますし、日帰り手術が可能です。

埋没法という方法で二重にします。瞼の裏を二点または三点の細い糸で縫い合わせ、ラインを形成し、それが目の幅になります。年々幅は狭くなっていくので、最初は広めに幅を取るのが基本です。医師と事前にカウンセリングをしながら、自分にあったラインを考え、顔にあった幅を作るのがきれいのコツです。

二重整形で変わるのは目元だけ?

目元の印象が変わると、別人のようになります。化粧でもある程度は変わりますが、持続性がそれほどなく限界があります。美容整形の二重整形術を受けると、ぱっちりとした二重まぶたの目元を手に入れることができます。

見た目ももちろんですが、目元にコンプレックスがある人ならコンプレックスがなくなり、表情が明るくなります。自分に自信が持てるようになるケースもあるでしょう。効果に持続性があるので、施術が終われば、目元を気にする必要がありません。最近は、メスで切開して溝を作るのではなく、細い糸を埋め込む施術があります。

美容整形の二重整形はいろいろな方法があります

二重整形はたくさんの施術方法が開発されている美容整形です。特に人気のある施術方法は、埋没法と切開法です。埋没法はメスを使わずに施術を行いますので、痛みや腫れが少ないですし、再手術をすることが出来ますが、通院が必要です。

切開法では、メスを使用するので、痛みや腫れは多少ありますが、効果は半永久的に持続させることが出来ます。通院も必要ありません。どちらの施術方法でも理想的な二重まぶたを手に入れる事が出来ますので、自分のライフスタイルに合わせて施術方法を選択することが出来ます。どちらもメリットとデメリットが存在しますので、よく考えて選択するようにしてください。

重い一重の人に向いている美容整形の二重整形

現在、簡単にできる美容整形の一つとして、二重整形があります。特に埋没法は簡単に二重まぶたを手に入れることができるということで人気も高いです。しかし、こちらは手軽にできるという一方で、まぶたが元々重い人にとってはあまり向かない施術でもあります。

それでは重めの一重の人が受けられる施術には、どういったものがあるのでしょうか。それが切開法と呼ばれるものです。こちらはまぶたを切開して、理想のラインに沿って縫い合わせるという方法です。しっかりと縫い合わせるため、よほどのことがない限りは、まぶたが落ちてくる心配もありません。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪府大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

大阪府医師会館

大阪市営地下鉄谷町線谷町6丁目駅下車(南3番出口)

http://www.osaka.med.or.jp/

二重整形関連