TOP > 美容外科 > 大阪美容外科 > 美容外科での脱毛のススメ

美容外科での脱毛のススメ

脱毛サロンでもエステ脱毛は受けられますが、美容外科をお勧めします。エステサロンは資格が必要ない分、照射パワーの小さなレーザー機器しか使えず、施術回数が増える傾向にあり結果、費用が掛かってしまうこともあります。

しかも、サロンに医師がいないので、後遺症などにも対応できにくいこともあります。専門の美容外科だと、医師の診断を受けますし、照射パワーの高いレーザーが使えるので、結果費用が安くなる場合も多く、火傷などの後遺症が出ても、直ぐに対応して薬などを処方くれる場合が多いです。そのあたりを考慮し、しっかりした病院を選ぶことが重要です。

美容外科での脱毛と脱毛サロンでの脱毛の比較について

有料での第三者による脱毛には、医療機関での美容外科を利用する場合と脱毛サロンを利用する場合があります。まず、美容外科は医師という有資格者による施術なので万が一のトラブルでも相談が出来、医師の診察を受けたり薬の処方を受けることも出来ます。

利益追求を目的とせず法律に従って施術されるので安心感、信頼感があります。また、施術完了までの期間は施術方法が異なり薬の併用もあるので施術完了までの期間が短いです。1回の費用は後者の方が安いことが多いですが、施術完了までの期間が短いので、全体としての費用は前者の方が安く抑えられると言えます。

美容外科で行う脱毛について

美容外科というところは、本来鼻の形を美しくする手術や豊胸手術、二重整形などを行う形成外科の一種ですが、レーザー等で無駄毛が生えてこないようにする施術をしてくれるというクリニックもあります。

無駄毛をなくすと聞くと、一般的には脱毛サロンを思い浮かべますが、脱毛はサロンだけでなく美容を専門とするクリニックでも行うことができます。クリニックで行う利点として一番大きいのは、安全性です。美容外科では、医師免許を持った医師が施術をしてくれますが、サロンでは免許を持たない人が施術を行う場合もあるからです。サロンのほうが値段は安いですが、安全性を考えればクリニックに行く方が確実です。

美容外科における問題点

美容外科は外見のコンプレックスを克服するために施術を行う外科医のことで、その施術内容は二重瞼・隆鼻・脂肪吸引等多岐に渡るものです。一方で美容外科は正式な医療行為であると認知されてきませんでした。

それは安全性の確立が不十分であることが要因の一つに挙げられます。今なお死亡事故を含む医療事故が年間2、300件、国民生活センターへ寄せられており安全性の確立が不可欠です。また、施術を受けることが恥ずかしいことである、といった認識もまだまだ根付いており施術を受けた患者のプライバシー保護においても十分な配慮が必要です。

美容外科でプチ整形を受けよう

美容外科で大規模な手術を伴わない整形をプチ整形と言います。例えばシミやくすみをレーザーで消したり、二重の手術も埋没法と言って、まぶたを切開せずに糸で縫うだけで二重にする方法もあります。

メリットとしてはまぶたを切らないので、腫れが少なく術後直ぐにメイクすることもできますが、切開法のように半永久的に二重が持続するわけではないです。他にも眉間や目尻のシワを、ボツリヌストキシンを注射するだけで、シワを取ることが出来たり、ヒアルロン酸を注入することで鼻を高くすることもできます。昔と違い大規模な手術を行わなくても、理想の自分になれる環境が今の美容外科にはあります。

美容外科・美容整形について